八千代リハビリテーション病院

八千代リハビリテーション病院・病院のご案内

病院概要

【診療科目】 リハビリテーション科
【病  床】 120床
【施設基準】 回復期リハビリテーション病棟入院料1
入院時食事療養(T)・入院時生活療養(T)
脳血管疾患等リハビリテーション料(T)
運動器リハビリテーション料(T)
患者サポート体制充実加算
退院支援加算1
【施設概要】 敷地面積/16,238.39m2
3階/1,360.25m2(41床)
2階/1,411.10m2(42床)
1階/1,504.02m2
延床面積/4,275.37m2(83床)
屋外リハビリテーション訓練広場/1周 200m
【病  室】 個室/41床(18.06m2〜25.60m2
2人部屋/5室(10.68m2〜)※一人当たり
4人部屋/8室(11.29m2)※一人当たり
【診療時間】
月〜土曜日 午前9:00〜午後5:00
【休診日】 日曜日・祝日(入院患者さんの診療は行っております)
【面会時間】 午後2:00〜午後8:00
【駐車場】
  ※当院は、敷地内禁煙です。ご協力下さい。

病院沿革

昭和25年 八千代市に鈴木医院開設
昭和34年 現在地に八千代台中央診療所開設
昭和48年 八千代中央病院開設(39床)
昭和52年 増床(50床とする)
昭和56年 医療法人社団友愛会設立
昭和62年 増改築完成 病床83床となる
平成18年 八千代リハビリテーション病院と改名し再開
平成19年 八千代市米本に新築移転
平成23年 社団法人巨樹の会の傘下へ
平成26年 一般社団法人 巨樹の会
平成29年 病床120床となる